五十鈴サッカー少年団 コーチの雑感

小学生年代に必要なものを身につけよう‼

“待ちましょう″を実感‼

 1年前、安濃フェスティバルに参加したフットサルコートでの12年生の試合。

20分×6本。フットサルコートサイズとはいえ、なかなか大変な試合数です。

 6試合の中の1試合くらいだったかな、五十鈴が点を入れたり、勝っていたりした時の選手達はノリノリで、サッカーに夢中になっている雰囲気で、いつも通りの五十鈴サッカーを体現してくれてます。

 でも、相手に大きな子がいたり、相手が優勢であったり、負けていたり、点を取られたりすると萎えてしまう子が大半です。そうですよね、強い相手や上手い相手や大きな相手を前に、低学年の子達に気持ちを奮い立たせるのは、酷な要求なのかもしれません。

 でも、全試合を通して、浮き沈み無く、サッカーをプレーする子がいる。ボールのあるところに顔を出す。一生懸命にボールを追っかける。ボールを触ろうとチャレンジする。そんな誇らしい、楽しみな子がいる。

 一方では、コーチに言われて、急かされてサッカーをする子達もいる。言われたその時は頑張る、ボールが来た時だけプレーする子達もいる。

どうやったら、サッカーしてくれるんだろう?試合の形になるんだろう?

とずっーと試合中、声かけ続けてました。

 数日後に試合の事をぼんやり考えていたら、ふと、昔こんなコラムあったよなぁと

思い出しちゃいました。

 

 あるラグビーチームのお話

 小学生のラグビーっ子の母親がタックルに行けない我が子にイラついて、"コーチ! どうしたら我が子はタックルに行けるようになるんですか?" と質問したところ、そのコーチの返答は "待ちましょう" だったそうです。アドバイスを期待したその母親はきっと拍子抜けしたことでしょう。

 でもそのコーチの選手に対する意図は?

 自分から勇気を持って、相手に向かっていかなければ、本物ではないと言うことなのてしょうか!

 大人に急かされて、やらされているだけの形だけのプレーでは、ラグビーの楽しさは体現できないと言うことなのでしょうか!

 内から沸き上がる感情や勇気や楽しさは、強制されて生まれてくるもんじゃないと言うことなのかな! っと自分なりに解釈していました。

 

 202З年1月初旬に開催された安濃フェスティバルに参加して、23年生の試合を対戦相手のコーチと一緒にコートの横に坐ってゆったりまったり観戦していました。

1年前と同じフットサルコートで20分を6試合。

 みんなサッカーをするする。

点取られてもすぐにセンターサークルに向かってキックオフ始めるし、上手い相手や大きな相手にも果敢に挑んでいくし、ボール持つことが嬉しそうだし、ボールを取られることを怖がっていないし、1年経って、ラグビーコーチの言ってた ″待ちましょう“を実感‼

 勿論、まだ低学年ですので全部が全部、思いどおりにいくわけないのはしょうがないですが、子供達の成長と明るい兆しを感じた1日となりました。

 

2023年始動開始!

 皆さん、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

 今年も変わらずに子供達個々の成長をます第一に! そして、みんなにサッカーの出来る 夢中になれる環境をたくさん提供していけるように!コーチ陣が一丸になってサポートしていきます。

 

 2023年の五十鈴サッカー少年少女団は、ミニフットサルコートのカトルマッチでの初練習からスタート!

12345年生が元気一杯にふかふかの人工芝コートを駆け回って、ごちゃ混ぜサッカーが今年もスタートしました。1対1や1対2、1対3、1対5の対戦では、子供達同士で勝ち負けに拘ってバチバチやりあってくれました。全員参加のミニゲームも点をとって取られて、喜び悔しがり、真剣みのある雰囲気。スタートとしては、よしよしな印象でした。

 

  1月8.9日は、安濃FC主催のトレーニングマッチ。県内外のクセの強ーい指導者と変態ドリブルとショートパスを組み合わせてくるサッカー大好きっ子の集まるチームとバチバチに対戦出来たり、コテンパンにのされたりの試合をしてきました。

20~25分の試合を二日間で、U11が12試合、U-8は1日のみで7試合。

 

因みに対戦して頂いたチームは!

安濃(三重)、府中(三重)、アーボリ(三重)

勢和(三重)、冨田(三重)、鈴鹿PG(三重)、

シズナン(静岡)、茨田(大阪)、Luz零壱(大阪)

アズー(滋賀)、HIROTA(富山)、 AGORA(石川)

デポRIO(兵庫)

 

 五十鈴の試合の雑感としては!

 123年生はコーチが仕向けなくても、走り回って6試合ボールに夢中になってくれました。
 5年生は強豪相手でも果敢に勝負してくれました。個々の成長と修正の余地ありと感じつつ、ノビシロを期待させてくれる内容でした。

 

 相手のチームのテクニックに感服したり、自チームの選手の頑張りや成長に歓喜したり、本当に内容ある2日間。やはり、県内外の個性溢れるチームとの試合を経験した子供たちは、格段に心も身体も強くなり、上達の度合いが違います。

 

新年早々に充実した時間を過ごさせてもらえました。試合に参加してくれた五十鈴サッカーの選手と参加させてくれた父母の皆さんに感謝です。

 

安濃FCのコーチの皆様、選手のみなさん、ご招待有り難うございました。魅力的なチームと対戦させてもらえてとっても楽しかったです。

 

 2023年は、地元伊勢での試合と安濃、菰野での試合を組み入れていきたいと思います。子供達の沢山の参加と父母の皆様のご協力を宜しくお願いします。

 

バチバチに戦い合う五十鈴サッカーは面白いです。


f:id:isuzu-soccer:20230115203437j:image
f:id:isuzu-soccer:20230115203503j:image

 

 

 

 

安濃遠征!

ポカポカ陽気のサッカー日和!

 23年生9人、5年生10人を引き連れて、津市安濃小学校まで遠征に行って来ました。

 対戦相手は、いつも五十鈴サッカー少年団に声をかけてくれる安濃FCと惚れ惚れするテクニックをいつも披露してくれるボアソルチ(愛知県)。

 5年生は、ハーフコートサイズの試合を20分×9本。23年生はフットサルコートサイズの試合を20分×6本。ガッツリ試合をさせてもらいました。

 安濃さんもボアソルチさんも試合前のアップのリフティングだけで感心させられます。ハーフコートをリフティングで難なく一周してくる。ボアソルチさんは、更に小走りでリフティングして回ってくるから、困ったものです。

 23年生の試合内容から。

安濃FCとは、攻めたり守ったり、点を入れたり、取られたり、がっぷり四つの試合内容でした。接戦なので子供達の集中力ずっと持続してました。拮抗したチームとの試合は、選手達をサッカーに、夢中にさせてくれるので、みんながぐんと伸びます。

 ボアソルチさんとは、圧倒的な差がありました。上手いし速いし、どうしようもありません。子供達もシュンと萎えちゃいました。コーチに促されて、急かされるとその時は頑張れるのに、なかなか続かない。そんな中でも、自分からボールを追っかけて、かじりついて行ける子がいるんです。そんな子達は試合全般に安定している。本当に感心させられます。だから最後のボアソルチさんとの試合は、みんなに頑張りが伝染して、次から次へとバチバチに相手にあたってくれて、戦ってくれました。

よしよし。
f:id:isuzu-soccer:20221112194423j:image


f:id:isuzu-soccer:20221112201234j:image

f:id:isuzu-soccer:20221112201202j:image

 

 5年生の試合内容

 安濃FCの5年生チーム、6年生チーム、ボアソルチさんとグルグル回しでガッツリ試合が出来ました。

 

安濃6年生には、ドリブルとショートパスにいなされました。

 

安濃5年生とは、お互いにボールを持てて、組みやすかった様子。

 

ボアソルチさんは、ほとんど自陣での展開となりましたが、何故か見いってしまいます。一人じゃ対処出来ないから二人三人とぶつかり合って勝負してくれました。

 劣勢ながらも頑張れる選手が増えてきました。ドリブルで仕掛けて、取られた後の取り返しにかかる場面が増えていること、ドリブルで仕掛けた選手の後ろでしっかりフォローして、回収して、更にドリブルで仕掛けて行く場面が増えたこと。攻めも守りも繋がっている時はサイコーだ。

 

 結構な数の試合をしたけど、交代した選手がまだやりたそうにしていたり、早く戻りたいとアピールしてきたり、子供達なりに充実した時間を過ごせていた様です。

 テクニックを駆使して、サッカーを楽しむチームとの試合は、五十鈴の選手を刺激してくれます。負けん気、やる気、悔しさ、楽しさを引き出してくれました。

f:id:isuzu-soccer:20221112201306j:image


f:id:isuzu-soccer:20221112201328j:image


f:id:isuzu-soccer:20221112203305j:image

ご招待して頂いた安濃FCコーチの皆さま、対戦してくれた安濃FC、ボアソルチの選手達有り難う。

送迎、観戦に来て下さった父母の皆さま、有り難うございました。

 

 

 

朝熊山登山

 今日は、四日市遠征の予定でしたが、先方の都合で中止になりました。沢山の五十鈴っ子が参加予定だったのですが!

みんなのプレーが見れなくて残念です。

 さてさて、試合、練習が無くなってしまったので、どうしよう。

 僕の個人的な思いつきで、地元の朝熊山登山を企画しました。

 子供達を外に連れ出して、いろんな事にチャレンジしたり、経験したりして、楽しいことや大変だったことを心に焼き付けて欲しい。

 きっと大人になった時に、子供の頃にサッカーで山に登った事を思い出すんだろうなぁ。

 実際、自分も子供の頃の遠足で登った記憶、中学のサッカー部で登った記憶をたどりながら一歩一歩、歩みを進めました。

元気いっぱいに登りきった子、ヘトヘトになりながらも一歩一歩登りきった子、

頂上では、みんな笑顔で鬼ごっこやだるまさんが転んだを幼稚園児から2345年生で仲良くやっていたのが、子供らしくて、癒されました。

とかく、あれダメこれダメと注意される世の中ですが、五十鈴っ子達は、伸び伸びと子供らしく、自分の気持ちを素直に出せて、感情爆発できるように仕向けていきたいものです。

サポートして下さった父母の皆さま、有り難うございました。子供達は、きっと山に登った達成感を味わってくれたと思います。


f:id:isuzu-soccer:20221106135539j:image

f:id:isuzu-soccer:20221106140043j:image f:id:isuzu-soccer:20221106140054j:image f:id:isuzu-soccer:20221106140228j:image

f:id:isuzu-soccer:20221106140314j:image


 

 

さるめ杯雑感

 10月16日 猿田彦神社さま主催、伊勢市サッカー協会運営のさるめ杯が行われました。

コロナの影響で2年間開催されなかったU9(3年生以下)の大会!

しかも、五十鈴サッカー少年団が運営を取り仕切る大会です。

 下準備として、伊勢市サッカー協会の方々と協議の上、以下のような要項とさせて頂きました。

○小学生コートの半分、ハーフコートでの試合

○人数は5人制(チーム協議で人数調整可能)

○キックイン

○あらかじめのオフサイドラインの設定

○勝敗はつけるが、順位はつけない。

などなど、コロナ前の開催方法から大幅に変更してもらいました。

 

 昨今のサッカーキッズ人口の減少➡️チーム数の減少!

補欠の子達の出場時間のなさ!

小学生年代からの指導者や親の勝利至上主義! 

 

 これらを少しでも是正出来るように、5人制にして少人数チームも参加出来やすくしたり、順位付け無しにして大人がヒートアップしないようにしたり、みんなが試合に沢山出られるようにしたり、コートを小さくして沢山ボールを触れるようにしたり、フィジカル勝負にならないようにしたり、

サッカーに携わる大人のちょっとした工夫で、大人も子供もみんなが夢中になる環境を作り出せるんだよなぁ。

 

おかげさまで、沢山のチームが参加してくれて、沢山試合が出来て、1年生~3年生、4年生(女子)までの沢山の子達が出場出来ました。

 さてさて、我が五十鈴サッカー少年団の子達は?

北浜さん、ヤマトさん、SANさん、一色さん、とガッツリ試合させてもらえました。

 

 結果は全敗でした。

大敗した試合もありますが、お互いにガツガツやりあえた試合2試合ほどあり、最後の一色さんとの試合は見応えがありました。

234年生のギリギリの人数だったけど、ほとんどみんながフル出場で足元サッカーを試みてくれました。

 みんなの頑張ってる姿、ボールを欲しがる気持ち、ボールを追っかける一生懸命さは、見ていて本当に面白い。負けても面白かった試合ってあるんだよね。

 

我がチームのMVPプレーヤーは、文句無しで、すぺての試合に顔を真っ赤にして走り回ってくれた4年生の女の子に決めました。5年生の試合に出ても大丈夫な感じです。有り難う。

 

参加してくれた子供達、送り出して下さった父母の方々、運営にご協力頂いた皆さん、すべての方に感謝です。

 

みんなのプレーはサイコーでした。


f:id:isuzu-soccer:20221105201256j:image


f:id:isuzu-soccer:20221105201317j:image
f:id:isuzu-soccer:20221105201346j:image

f:id:isuzu-soccer:20221105201443j:image



 

 

 

先週末の五十鈴サッカー少年少女団

 参議院選挙のために土曜日、日曜日は進修小学校のグランドが、投票所の駐車場となり、使用禁止。

近くにある小さなフットサル場 カトルマッチをお借りして、暑さしのぎに夕暮れサッカーを2日間開催しました。

 少年少女団の子達が沢山参加してくれて、また、体験の子達も4人程来てくれて、大盛況でした。

カフカの人工芝での練習は?

子供達の大好きなゲームが中心のメニューに必然的になります。

 

 練習始まる前からこんな提案をいろんな子がしてきます。

"コーチ!今日はゲームするの?"

"コーチ!ゲームしよっ!"

"男子対女子でゲームしたい"

 

コーチも負けずに、

"いいや、今日は地獄の特訓するよ"と言って、不安と好奇心を煽ります!

 そして"バランスボールでのフットサルコートゲーム 開始!"

 デカイボールに悪戦苦闘しながらも、顔面にボールが直撃したって、ボールコントロール出来なくて転んだって、みんな笑顔で、ガハハって笑いながらも夢中でボールをゴールを求めてる!

 

 少しのボールタッチの、練習を間に挟んで、

最後は、10対10のフットサルコートゲーム!

・沢山の子達がボールを触れるように、ボールは2球。

ラインアウトなし。ずーとプレイ時間は続きます。夢中になっている時間は長い方がいいよね。途切れ途切れの試合程つまらないものはない!

・1年生から5年生まで同じグランドで勝負!大きい子にも果敢に挑む低学年、上手にいなす高学年。相乗効果で上手くなる。

 

 30分、エンドレスで続けたゲームの後の最後の言葉!

"もっとやりたかった"

"えーもう終わりー?"

"あー、楽しかった"

 

子供達から、コーチにご褒美の言葉をもらって、大満足で大成功の週末を終えました。

 

 子供達の顔見てるとサッカーって楽しむもので、大人に強要されてするもんじゃないって良くわかる。

みんなの純粋なサッカーは最高だ!

サッカーしてくれて有り難う!


f:id:isuzu-soccer:20220711230615j:image f:id:isuzu-soccer:20220711230644j:image
f:id:isuzu-soccer:20220711230706j:image f:id:isuzu-soccer:20220711230730j:image f:id:isuzu-soccer:20220711230838j:image f:id:isuzu-soccer:20220711230936j:image




 

 

試合に出たい!

6月25日(土) JOGO com PERNA

 

 酷暑と言う言葉がぴったりの暑い1日。

菰野まで5年生10人、432年生6人を引き連れて試し合いに行って来ました。

 暑い中で、U-11.U-8それぞれ、20分を6試合 タフな1日と。なりました

 U-11 5年生10人で参加。

123試合目までは、試合に挑めましたが、暑さと疲労から集中力を欠くメンバーがチラホラ出てきたのと相手チームの強度が強くなったことで45試合目はコテンパンにやられちゃいました。6試合目は立て直して、いつも通りの五十鈴サッカーで締めくくりました。

 この1日で感じたこと。"試合に出たい"オーラがチーム全体に存在しているということ。1年前は、相手に臆して、試合に出るのを躊躇する子がいて、先発メンバーをコーチが促して送り出してたのに、最近では自分達からピッチに踏み出していく選手が、ほとんど。途中で交代した選手も"コーチ、早く戻して!"の要求が凄い。(因みに五十鈴サッカーは先発メンバーは早い者勝ちなんです)

 

 U-8 234年 6人+5年生2人の助っ人

こちらは、悪戦苦闘しながらもボールを何とか扱おうとするプレーがたくさんありました。相手に寄せられても逃げずに、蹴らずに、交わすんだ。まだ、相手の逆を取るようなプレーは少ないけど、今はボールを扱えるようにチャレンジする事が大事なんだ。

 

 クタクタになって、もがいて、あがいて、チャレンジして、魅力ある相手と組して、お腹一杯サッカーを満喫してくれました。

 PERNAスタッフの皆さん、毎度毎度、お世話になりました。


f:id:isuzu-soccer:20220626203940j:image 
f:id:isuzu-soccer:20220626204001j:image


f:id:isuzu-soccer:20220626204026j:image